山形県天童市より無農薬玄米のおいしいお米をお届け

お米ができるまで
  • 4月(上旬)種まき

    4月(上旬)種まき

    種をまき、温室で芽をだしたらハウスに並べます。約10cmになるまで、毎日の管理が大変です。

  • 5月(上旬)田植え

    5月(上旬)田植え

    ゴールデンウイークをはさんで2度にわたって田植えをやります。

  • 6月除草

    6月除草

    アメンボ号という除草機を使って稲と稲の間を除草していきます。

  • 7月畦の草刈

    7月畦の草刈

    畦の草刈も重要、雑草から虫がきてお米が病気になったり、虫がついたりします。

  • 8月除草

    8月除草

    膝丈まで伸びた稲の間は機械では通れないので一つ一つ手作業で伸びた草を取り除いていきます。

  • 9月(中旬)稲刈り

    9月(中旬)稲刈り

    黒米、もち米、あきたこまち、ひとめぼれの順に稲をかります。

  • 10月(上旬)米等級検査

    10月(上旬)米等級検査

    収穫したお米を検査し、銘柄および等級を確認していきます。

  • 11月(上旬)新米発送

    11月(上旬)新米発送

    10月~11月にはぴかぴかの新米が全国に出荷されていきます。

  • 12月(下旬)種籾の注文

    12月(下旬)種籾の注文

    すべて受注生産のため昨年のお米の販売数量をみて来年の生産予定をたて、種籾の必要数量計算をします。

  • 1月雪との戦い!

    1月雪との戦い!

    毎年お正月をすぎると大雪がふります。庭、屋根、仕事場、朝おきたら、まず雪の片付けをしないとどこにも行けません。

  • 2月お休み

    2月お休み

    一番寒い2月、農作業はありませんが、早いところでは果樹の剪定などがはじまります。

  • 3月(下旬)特別栽培米認証申請

    無農薬・減農薬等の認証を受けるために田んぼの面積やしよう有機肥料、農薬等の計画を明記し、県に提出します。